多摩境の大部分は日当たりのよい南斜面で住宅地に最適です

多摩境は丘陵地の南斜面にその大部分が位置します。
相模原を見下ろす高台の為、眺望・通風・日当たりがよいことでも知られています。

スポンサーリンク
引越 格安



まず、基本の航空写真で確認します



多摩境航空写真
航空写真だけでは、分かりにくいかと思い、写真上に
「多摩境駅」「小山内裏公園」「境川」を書き加えています。



尾根道と境川を追加しました



多摩境航空写真2

  • 標高の高いラインである「尾根道」を赤い線
  • 標高の低いラインである「境川」を青い線
  • 高低差を表すために、上記のように線を引いています。



    雨水の流れをイメージ化しました



    多摩境航空写真3

    赤い線である尾根道は北の「八王子市」と「町田市」を分ける分水嶺。
    標高の高い(赤い)ラインから、標高の低い(青い)境川へ向けて
    雨水が流れるイメージで高低差を表しています。



    まとめとして



    「南斜面」「南ひな壇」は、日照・通風・眺望、全て良く、一般的に住宅地として好まれる地勢です。
    多摩境は開発が遅れたおかげで、緑豊かな自然も程よく残っています、今後の多摩境の発展が楽しみです。


    カテゴリー: 多摩境の生活 パーマリンク